Windscribeの付加価値税(VAT)について解説

  • URLをコピーしました!

この記事では、Windscribeの付加価値税について解説していきます。

Windscribeは無料でも使えます。VPNサーバーが置いてある国の選択肢は有料プランに比べて減りますが、無料プランで十分!という方もいるでしょう。

 

また、Windscribeには最初の3日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Windscribeを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

 

Windscribeは、時々割引キャンペーンも行っています。Windscribeの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

目次

Windscribeの付加価値税(VAT)とは?

Windscribeは付加価値税(VAT)を課しますが、あなたの特定の国とは異なります。

VATは常に料金を含んでいるわけではありませんが、場合によっては20%またはそれ以上の料金が発生することがあります。

国を選択する際、どの国を選択するかで消費税の額が変わります。

  • イギリス、オーストラリア、イタリア、日本、インドなどは消費税があります。
  • ベトナム、タイ、中国などは消費税がゼロです。

例えば、2年プランで[日本]を選んだ場合、消費税は10%なので、1237.03円が加算されることになります。(1ドル=129.13円で換算)

イタリアを選択した場合、消費税は22%になりますので、2720.70円が加算されます。

 

なので、実は消費税0%の国に設定して契約した方がお得です。今住んでいる国が日本だとしても、日本以外の国に設定してWindscribeを契約することは可能ですし、その結果、VPNの性能・サービス内容には一切違いがありません。

この辺、なぜそうなるかは明らかではありませんが、恐らくWindscribeの会社本拠地であるパナマは、法人税・消費税0%のタックスヘイブンとして有名なので、消費税を取る必要がないのだと思われます。

例として、ベトナム、タイ、中国などは消費税がゼロです。消費税分安くしたい場合は、この辺りの国を自由に選ぶといいでしょう。

Windscribeの支払い方法

Windscribeの支払方法は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
Windscribeの支払い方法まとめ この記事では、Windscribeの支払い方法について解説していきます。 【Windscribeの支払い方法一覧】 以下は、現在Windscribeで選択できる支払い方法一覧です。 クレジッ...

VATを回避するためにWindscribeを使用することはできますか?

Windscribeを利用することで、VATをより早く取り除くことができます。

VATの支払いを避けるために、元のIPアドレスを変更する必要がある場合は、VPNサーバーのIPアドレスで行う必要があります。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

まとめ

この記事では、Windscribeの付加価値税について解説しました。

Windscribeは無料でも使えます。VPNサーバーが置いてある国の選択肢は有料プランに比べて減りますが、無料プランで十分!という方もいるでしょう。

 

また、Windscribeには最初の3日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Windscribeを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

 

Windscribeは、時々割引キャンペーンも行っています。Windscribeの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる