Windscribeは危ない!?安全性・危険性まとめ

  • URLをコピーしました!

Windscribeは、世界的に有名なVPNサービスです。堅牢なセキュリティ、サーバーの安定性・サーバー速度の圧倒的な速さなど、あらゆる観点でNo.1VPNと言っても過言ではありません。

しかし、そんなWindscribeですが、「危ないんじゃないの?」という口コミも、少なからずあるようです。

この記事では、そんな疑問にお答えして、Windscribeの危険性・安全性について解説していきます。

Windscribeは無料でも使えます。VPNサーバーが置いてある国の選択肢は有料プランに比べて減りますが、無料プランで十分!という方もいるでしょう。

 

また、Windscribeには最初の3日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Windscribeを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

 

Windscribeは、時々割引キャンペーンも行っています。Windscribeの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

目次

Windscribeは危ない?Windscribeが安全である理由とは

 

結論から言うと、Windscribeは有料ですが、安全なVPNサービスです。

Windscribeが安全なサービスである理由について、順番に解説していきます。

Windscribeのユーザー数

Windscribeは2012年に設立されたVPNサービスで、全世界で1400万人以上のユーザーを抱えています。

アメリカのビジネス誌[Forbes]やオンラインメディア[BuzzFeed]でも紹介され、世界的に知名度が高いです。

世界60カ国で提供

Windscribeは60カ国に5400台のサーバーを有しています。

日本国内にも140のサーバーがあり、仮にサービスプロバイダーによって1つのサーバーがブロックされても、他のサーバーは利用可能です。

世界のどこにいても、優れたブラウジング速度で素早く接続できるサーバーを見つけることができるので安心です。Windscribeのアプリ/クライアントは非常に操作が簡単で、クイックコネクトオプションで即座に接続することができます。

 

また、シンプルなドロップダウンメニューを開くことで、特殊なサーバー(Double VPN、P2P、Dedicated IP、Onion Over VPN)にアクセスすることができます。おばあちゃんでもできるくらい簡単です!

Windscribeの各サーバーには、同じ機能が搭載されています。米国のサーバーに接続されていないからと言って、何も見逃しているわけではありません。どこにいても、Windscribe のグローバルサーバーで匿名性、セキュリティ、プライバシーを楽しむことができます。

最小限のロギング

VPNを使用しない場合、私たちのオンライントラフィックは、インターネットサービスプロバイダに送られます。プロバイダは、私たちのすべての活動にアクセスでき、私たちの情報を広告主、政府機関、その他の第三者に提供することができます。

VPNを設定すると、インターネット・サービス・プロバイダーは私たちの活動を見ることができなくなりますが、VPNは私たちの活動を見ることができます。したがって、VPNが必要以上のデータを記録しないようにすることが重要です。

 

Windscribeは、私たちが訪問したウェブサイト、ダウンロードしたファイル、使用したソフトウェア、IPアドレス、VPNに費やした時間、使用したデータ量などを記録していません。

Windscribeは、サインアップに使用したメールアドレス、支払いデータ、最後のセッション状況のタイムスタンプ、顧客サービス情報など、いくつかのデータを記録しましたが、これは通常のもので、アカウントを維持するために必要なものです。

 

同社はまた、ユーザー体験をさらに向上させるために、私たちがWindscribeアプリをどのように使用したかを記録していました。

また、スイスのプライスウォーターハウスクーパース社が、2018年と2020年7月の2回、Windscribeのロギングポリシーについて監査を実施しました。

 

直近では、2021年6月に第三者コンサルティング会社であるVerSpriteがWindscribeのアプリケーションセキュリティの独立監査を完了し、重大な脆弱性は見つかりませんでした。

結論としては、すべての監査において、VPNは顧客データに関して完全に安全であることが確認されました。

軍用レベルのセキュリティ

Windscribeは、256ビットAES暗号を採用し、あなたのデータを保護します。

政府機関、軍隊、サイバーセキュリティ企業はすべて256ビットAESを使用しており、これは機密データを暗号化するための解読不可能なアルゴリズムです。256という数字は、暗号化キーのサイズを表しています。

したがって、256ビットは、ハッカーがデータにアクセスするために解読する必要がある2^256の可能な組み合わせを持っています。この暗号を解読するためには、宇宙に存在する以上の時間か、想像を絶するスーパーコンピュータが必要になります。

 

VPNは、すでに安定した暗号化と保護を提供していますが、さらに、接続時に3つの異なるセキュリティプロトコルを使用します。Windscribeプログラムの[接続]ボタンをタップすると、あなたのデータは前述のプロトコルを介してそのサーバーに[トンネル]されます。これらにはIKEv2/IPsec、OpenVPN、そしてNordLynxが含まれます。

これらのプロトコルは、あなたのデータへのトンネルの銀行の金庫のように考えることができます – 彼らは、誰もあなたの個人情報にアクセスできないことを保証するための安全装置です。

多くの劣悪なVPNは、このレベルのセキュリティを再現しようとしますが、多くの場合、それは犠牲を伴います。しかし、Windscribeのセキュリティプロトコルの実装は、セキュリティとスピードの間のバランスを理解していることを実証しています。

Windscribeの運営会社

Windscribeは、Tefincom S.A.という会社が開発したVPNサービスです。

Windscribeを運営するTefincom S.A.は、パナマ共和国に本拠地を置いています。

パナマは中央アメリカ(北米大陸と南米大陸の国境)に位置する小さな国で、[パナマ運河]で知られています。

パナマ共和国に本拠地を置く

Windscribeは全世界で事業を展開していますが、本社はパナマにあります。パナマはファイブ・アイズ、ナイン・アイズ、14アイズの管轄外であるため、これは私たちにとって大きなプラスです。

VPN初心者のために説明すると、これらは国家間の監視同盟であります。VPN企業の本社所在地によっては、政府機関が企業に対して、顧客について収集したデータの提出を強制する可能性があります。

Windscribeはそのような事態を心配する必要がなく、つまり私たちも心配する必要がなかったのです。

サービスの特徴

Windscribeの特徴については、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
Windscribeとは?サービスの特徴まとめ! Windscribeは、2022年の市場におけるトップVPNの1つです。 この記事では、そんなWindscribeの特徴について解説していきます。 【Windscribeとは?サービスの特徴について...

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

 

Windscribeは、2年プランでより高い割引を受けることも可能です。

あわせて読みたい
Windscribeの日本円料金プランまとめ この記事では、Windscribeの日本円料金プランについて解説していきます。 【Windscribeの料金プランは3種類】 Windscribeは、2年、1年、1ヶ月の3つのプランを提供してい...
https://twitter.com/st_ox_2g/status/1390152589174444032?s=20&t=e1KM1YH6sUwuO-8_caTeLg https://twitter.com/st_ox_2g/status/1390172642490023938?s=20&t=e1KM1YH6sUwuO-8_caTeLg

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

無料VPNの危険性について

世の中には、無料で利用できるVPNサービスも数多くありますが、おすすめしません。なぜなら、ユーザーの個人情報を売って利益を得ていると疑われるからです。基本的に、無料のVPNサービスが提供される場合、必ず運営コストが発生します。

多くのWebサービスやメディアは、表示される広告によって収益を得ていますが、無料VPNは[どこから収益を得るか]を考えなければなりません。

無料VPNであっても、アプリ表示時に広告が表示されたり、広告を非表示にする有料プランが用意されていれば、収益源は明確に把握することができます。

しかし、広告収入の根拠がない場合は、個人情報が外部に販売されている可能性を疑わざるを得ません。無料VPNは、その気になればクレジットカード情報や各種サービスのID・パスワードも読み取ることができます。

特に管理元が分からないサービスは絶対に利用しないことをお勧めします。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

まとめ

Windscribeは、世界で1400万人以上のユーザーに利用されている世界最大級のVPNサービスです。

Windscribeのサービスは優れた技術だと思います。無料のサービスなどでは、使い方によっては情報漏えいの危険性もあります。

そのため、安全かつ快適にVPNサービスを利用したい場合は、Windscribeも選択肢の1つになりますよ。

Windscribeは無料でも使えます。VPNサーバーが置いてある国の選択肢は有料プランに比べて減りますが、無料プランで十分!という方もいるでしょう。

 

また、Windscribeには最初の3日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Windscribeを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

 

Windscribeは、時々割引キャンペーンも行っています。Windscribeの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる