LinuxでWindscribeに繋がらない時の対策方法まとめ

  • URLをコピーしました!

この記事では、LinuxでWindscribeに繋がらない時の対策方法について解説していきます。

Windscribeは無料でも使えます。VPNサーバーが置いてある国の選択肢は有料プランに比べて減りますが、無料プランで十分!という方もいるでしょう。

 

また、Windscribeには最初の3日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Windscribeを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

 

Windscribeは、時々割引キャンペーンも行っています。Windscribeの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

目次

LinuxでWindscribeに繋がらない時に対策方法

WindscribeをOFFにして、ネットが繋がるかどうかを確認する

まずは、Windscribeを通さない状態で、インターネットに接続できる状態であるかどうかを確認してください。

  1. 以下のコマンドを入力し、Windscribeを切断する

nordvpn disconnect

2.ウェブブラウザで任意のウェブサイトにアクセスする

    インターネット接続がブラウズ、ストリーミング、ゲームに十分安定したものであることを確認してください。そのためには、Windscribeを無効にして、どのウェブサイトにもアクセスできるかどうかを確認します。

    アクセスできない場合は、インターネットが不安定であることを意味します。アクセスできる場合は、VPN に何らかの問題があることを意味します。以下の方法を実行してください。

    Windscribeアプリをアップデートする

    ステップ1:ターミナルを開いてください。

    ステップ2:以下のコマンドを入力し、アプリをアップデートします。

    sudo apt update

    sudo apt upgrade 

    アプリを再インストールする

    ステップ1:以下のコマンドを入力し、アプリを削除します。

    sudo apt --purge autoremove nordvpn*

    ステップ2:アプリを再インストールします。

    アプリを再インストールは以下の記事をご覧ください。

    あわせて読みたい
    LinuxでWindscribeを設定する方法・使い方まとめ この記事では、LinuxでWindscribeを設定する方法・使い方について解説していきます。 【LinuxでWindscribeを設定する方法・使い方】 LinuxでWindscribeを設定する方法 W...

    手動で接続する方法を使用する

    ステップ1:ターミナルを開く(キーボードショートカット:Ctrl + Alt + T)。

    ステップ2:IPV6を無効にします。

    ステップ3:IPV6を無効にした後、OpenVPNクライアントをインストールします。

    sudo apt-get install openvpn

    ご本人確認のため、ユーザーパスワードの入力をお願いする場合があります。

    ステップ4:コマンドでOpenVPNの設定ディレクトリに移動します。

    cd/etc/openvpn

    ステップ5:OpenVPN の設定ファイルをコマンドでダウンロードします。

    sudo wget https://downloads.nordcdn.com/configs/archives/servers/ovpn.zip

    ステップ6:unzipパッケージがインストールされていない場合は、次のように入力してダウンロードしてください。

    sudo apt-get install unzip

    ステップ7:ovpn.zipをコマンドで展開します。

    sudo unzip ovpn.zip

    ステップ8:使わなくなったファイルを削除する。

    sudo rm ovpn.zip

    ステップ9:サーバーの設定が置かれているディレクトリを入力します。これらのフォルダーは、ovpn_udpまたはovpn_tcpという名前です。

    cd/etc/openvpn/ovpn_udp/

    cd/etc/openvpn/ovpn_tcp/

    ステップ10:利用可能なすべてのサーバーのリストを表示するには、次のコマンドを入力します。

    ls -al

    ステップ11:接続するサーバーを選択します。

    ステップ12:選択した設定でOpenVPNを起動します。次のコマンドを入力します。

    sudo openvpn [file name]

    sudo openvpn us2957.nordvpn.com.udp.ovpn

    sudo openvpn /etc/openvpn/ovpn_udp/us2957.nordvpn.com.udp.ovpn

    ステップ13:OpenVPNが認証情報の入力を求めてきます。Windscribeサービスの認証情報を入力します。

    Windscribeサービスの認証情報は、Nordアカウントで確認できます。右側のコピーボタンを使って資格情報をコピーしてください。

    ステップ14:VPNへの接続に成功しました。

    Windscribeに連絡する

    それでも問題が解決しない場合は、Windscribeに直接お問い合わせいただくのが一番かと思われます。

    複数のユーザーがWindscribeからパッチを受け取ったと報告していますので、Windscribeで問題が発生した場合は、必ずWindscribeサポートサイトに連絡してください。

    Windscribe公式サイトはこちら
    ※無料お試しもこちらから

    まとめ

    この記事では、LinuxでWindscribeに繋がらない時の対策方法について解説しました。

    Windscribeは無料でも使えます。VPNサーバーが置いてある国の選択肢は有料プランに比べて減りますが、無料プランで十分!という方もいるでしょう。

     

    また、Windscribeには最初の3日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

    Windscribeを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

     

    Windscribeは、時々割引キャンペーンも行っています。Windscribeの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

    Windscribe公式サイトはこちら
    ※無料お試しもこちらから

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる