Windscribeのトレント(P2P)の使い方まとめ

  • URLをコピーしました!

この記事では、WindscribeのP2Pの使い方について解説していきます。

Windscribeは無料でも使えます。VPNサーバーが置いてある国の選択肢は有料プランに比べて減りますが、無料プランで十分!という方もいるでしょう。

 

また、Windscribeには最初の3日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Windscribeを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

 

Windscribeは、時々割引キャンペーンも行っています。Windscribeの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

目次

P2PサーバーWindscribeとは?

P2Pとして一般に知られているピアツーピアネットワークは、多くのインターネットユーザーとファイルを共有するための最も速く、信頼性が高く、便利な方法の1つです。

通常、ファイルをダウンロードする場合、専用のサーバーやサーバーのネットワークにアクセスし、そこからダウンロードしたいファイルを選択することになります。

つまり、P2Pが導入されている場合、ファイルをダウンロードした人は、デフォルトでアップローダーとなります。これにより、ファイル共有のプロセス全体が、組織的、簡単、かつ効率的になります。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

Windscribeのトレント(P2P)の使い方

Windscribeに登録する

日本公式サイトWindscribeから登録する必要があります。

Windscribeをインストールする

Windscribeへの登録が完了したら、ソフトウェアをインストールします。

Windscribeのホームページのトップメニューに表示される[VPNをダウンロード]をクリックします。

ダウンロード画面が表示されますので、[アプリをダウンロード]をクリックしてください。

[WindscribeSetup.exe]をダウンロードし、ダブルクリックで起動します。

[WindscribeSetup.exe]が起動したら、指示に従いインストールを進めてください。

Windowsがファイルの実行を聞いてきますので、[はい]をクリックします。

Windscribeのソフトにログインする

デスクトップ上のWindscribeのショートカットをダブルクリックして、Windscribeソフトを起動します。

登録時に使用したメールアドレスとパスワードを入力します。入力したら、[サインイン]をクリックします。これでWindscribeを利用する準備が整いました。

Windscribeのセキュリティ設定

Windscribeでトレント(P2P)を利用する場合、セキュリティのためにキルスイッチをONにすることをお勧めします。

キルスイッチをオンにするには、先ほどインストールしたWindscribeアプリケーションを起動します。

ログイン後、上部の[歯車アイコン]→[キルスイッチ]→[インターネットキルスイッチ]の順でオンにします。

P2Pサーバーで接続

Windscribeアプリケーションのメインページに戻り、[P2P]をクリックします。

すぐにP2Pサーバーに接続され、インターネット通信が暗号化されます。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

Windscribeをトレント(P2P)でおすすめする理由

VPNサービスは、常に必要なセキュリティを提供します。これにより、ハッカーがあなたのプライバシーにアクセスすることを心配することなく、P2Pネットワークを楽しむことができるようになります。

Windscribeは、そのようなサービスを提供するトッププレイヤーです。お気に入りのコンテンツを共有しながら最高の体験を楽しむために、保証されたセキュリティと同時に他のいくつかの利点も提供しています。

Windscribeはウェブ上で匿名性を保つのに役立ちます

Windscribeは、DNSリーク保護、自動キルスイッチ、厳格なノーログポリシーなどの素晴らしい機能を提供し、インターネット上であなたの身元を隠しておくことを支援します。これは、P2Pネットワーク上であなたの活動の詳細を他のユーザーに明らかにしてしまうため、重要なことなのです。

DNSリーク保護は、ウェブ上でのあなたの活動の詳細が、ISPのような外部の関係者から決してアクセスできないようにします。自動キルスイッチは、あなたのVPNへの接続が突然低下したときに防御の余分な層を提供します。

Windscribeの厳格なノーログポリシーは、あなたの活動がP2Pネットワーク上で決して監視されたり記録されたりしないことを保証します。

Windscribeは無制限で超高速なウェブアクセスを提供します

P2Pネットワークは、地理的な制限や検閲のためにアクセスできないことがあります。しかし、VPNサービスを採用することで、これらの障害を簡単に克服することができます。Windscribeの場合、プロバイダーは世界中に配置されたサーバーによって、地理的な制限や検閲を簡単に打ち負かすことができます。

Windscribeは、あなたの地元のISPによってあなたのインターネット活動に置かれた制限を回避することができます。例えば、あなたのインターネット接続を遅くする帯域幅のスロットルです。そしてもちろん、P2Pネットワークはしばしば重いデータを伴うので、これは大きな問題です。

Windscribeは、あなたのインターネット活動を軍事レベルの暗号化で装備することで、ここであなたを支援します。そうすれば、あなたのISPはあなたの帯域幅を追跡して調整することができないので、超高速のウェブアクセスを提供することができます。

Windscribeは現在、世界で最も優れたVPNサービス・プロバイダーの1つです。このサービスは信頼性が高く効果的で、シームレスに場所を変えてネットサーフィンするために必要なすべてを提供します。

Windscribeが優れている点は、以下の通りです。

広いサーバー対応範囲

Windscribeは現在、約59カ国にまたがる5,400以上のサーバーを有しています。このVPNは世界中でトラフィックの多い国もすべてカバーしているので、場所の切り替えに問題はありません。

圧倒的なサーバー速度

Windscribeは、他の多くのVPNよりも圧倒的に速いのも特徴です。サーバーによって速度は異なりますが、このVPNを使えば、平均的なサーバーで100Mbps以上出るはずです。

一般的なVPNだと、どうしてもVPNなしの時よりもネット速度は遅くなってしまいます。

しかし、Windscribeなら、「まるでVPNを繋いでいないような、快適なインターネット体験」を、完璧なセキュリティ性能と両立できるんです。

堅牢なセキュリティとプライバシー

Windscribeでは、利用可能なトップレベルのセキュリティとプライバシーツールを得ることができます。このサービスは、現在の業界標準であるAES 256ビット暗号化を提供します。

あなたのデータを保護するPerfect Forward Secrecy(PFS)と、ネットワークから切断したときにあなたを安全に保つキルスイッチがあります。匿名性に関しては、Windscribeはログを一切残しません。

VPNブロックの突破能力の高さ

Windscribeは、Netflix、Hulu、BBC iPlayerなどのサービスの制限を回避することも可能です。このVPNは、ストリーミングやトレントサイトからのコンテンツのダウンロードに最適です。

また、中国のような情報統制に厳しい国のソーシャルメディアの制限を通過するために使用することもできます。

同時接続台数の多さ

Windscribeでは、最大6台のデバイスを同時に接続可能です。iPhoneやMac、Windows、Linuxにいたるまで、すべてのデバイスでインターネットのコンテンツにアクセスできます。

満足できなければ30日間全額返金保証

Windscribeは、30日間自由にサービスを試すことができるオプションを提供しています。この30日間、リスクなしでサービスを試すことができます。

不満がある場合は、一言「Please refund」とメッセージを送るだけで返金してもらえます。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

まとめ

この記事では、WindscribeのP2Pの使い方について解説しました。

Windscribeは無料でも使えます。VPNサーバーが置いてある国の選択肢は有料プランに比べて減りますが、無料プランで十分!という方もいるでしょう。

 

また、Windscribeには最初の3日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Windscribeを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

 

Windscribeは、時々割引キャンペーンも行っています。Windscribeの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる