NordVpnのポート開放方法まとめ

  • URLをコピーしました!

この記事では、Windscribeのポート開放方法について解説していきます。

Windscribeは無料でも使えます。VPNサーバーが置いてある国の選択肢は有料プランに比べて減りますが、無料プランで十分!という方もいるでしょう。

 

また、Windscribeには最初の3日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Windscribeを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

 

Windscribeは、時々割引キャンペーンも行っています。Windscribeの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

目次

Windscribeのポート開放方法

Windowsでポートを開放する方法

ステップ1: 設定を開きます。

ステップ2: [ネットワークとインターネット]>[Windowsファイアウォール]と進みます。

ステップ3: [詳細設定]を選択します。

ステップ4: 左側の[受信の規則]をクリックします。

ステップ5: 右側の[新しい規則]をクリックします。

ステップ6: [ポート]オプションを選択します。

ステップ7:  プロトコル(TCPまたはUDP)を選択し、[特定のローカルポート]セクションにポート番号を追加します。

ステップ8: [接続を許可する]を選択し、[次へ]を押します。

ステップ9: このルールが適用されるネットワークの種類を選択し、[次へ]をクリックします。

ステップ10: ルールに名前と短い説明を追加し、[完了]をクリックします。

Windows 10でポートを開放する方法:ステップ10

ポートを閉じるには、ルールを削除するだけです。

Macでポートを開放する方法

Macでポートを開くのはとても簡単です。その方法をご紹介します。

ステップ1: [システム環境設定]を開きます。

ステップ2:[セキュリティとプライバシー]>[ファイアウォール]>[ファイアウォールオプション]と進みます。

ステップ3:プラス記号をタップします。

ステップ4: アプリケーションを選択し、[追加]をクリックします。

ステップ5: [外部からの接続を許可]がオンになっていることを確認します。

ステップ6:[OK]をクリックします。

ポートを閉じるには、リストから削除するだけです。

デフォルトで開放しているポートとは?

デフォルトで開いているポートとは、受信パケットを受け入れるように設定され、接続を確立する準備が整っているポートのことです。

以下は、デフォルトで開かれているポートのリストです。

  • 20 – File Transfer Protocol/ファイル転送プロトコル(FTP)
  • 22 – Secure Shell/セキュアシェル(SSH)
  • 25 – Simple Mail Transfer Protocol /簡易メール転送プロトコル(SMTP)
  • 53 – Domain Name System/ドメインネームシステム(DNS)
  • 80 – Hypertext Transfer Protocol/ハイパーテキストトランスファープロトコル(HTTP)
  • 110 – Post Office Protocol/ポストオフィスプロトコル (POP3)
  • 143 – Internet Message Access Protocol/インターネットメッセージアクセスプロトコル(IMAP)
  • 443 – HTTP Secure/HTTP セキュア(HTTPS)

Windscribeではポートを開放する必要がある?

Windscribeでは、プライベートネットワークにアクセスするためにポート開放を利用することはほとんどありません。

しかし、時によってホームネットワークを管理するために便利なことがあります。

ホームネットワークからリモートロケーションを使用して仮想プライベートネットワークを設定することが望ましいかもしれません。それらのVPNを取り除き、ポートを転送するものと交換する時にはおすすめです。

ポートを開放による危険性

VPNのポートを開放することでまず考えられる危険・リスクは、セキュリティ保護が損なわれることです。

使用するアプリケーションに脆弱性があると、セキュリティ上の問題が発生する可能性があるため、アプリケーションのバージョンを常に最新に保つことをお勧めします。

VPNのポート開放の危険性から身を守る方法を考えるなら、まずネットワークの知識を勉強することです。

 

ポート開放はセキュリティの低下を招く恐れがあるため、セキュリティソフトを導入するだけでなく、VPNへのアクセスを許可するポート番号を設定することをお勧めします。

そうすることで、設定されたポート番号のみが開放されるようになります。また、脆弱性を防ぐためには、アプリケーションなどのソフトウェアの頻繁な更新も必要です。

VPNのポート開放による危険性を考えると、その対策は必須であり、そうでなければ安全なVPNの運用は不可能です。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

まとめ

この記事では、Windscribeのポート開放方法について解説しました。

Windscribeは無料でも使えます。VPNサーバーが置いてある国の選択肢は有料プランに比べて減りますが、無料プランで十分!という方もいるでしょう。

 

また、Windscribeには最初の3日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Windscribeを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

 

Windscribeは、時々割引キャンペーンも行っています。Windscribeの最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Windscribe公式サイトはこちら
※無料お試しもこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる